お知らせ 冬の贈り物特集ページはこちらから
ご注文はオンラインショップ、または電話、FAX、メールより承っております。

太平堂とは

信州善光寺のお膝元で創業したのが
明治四十年。

創業者・橋本新吉が
「うまいパンとお菓子を多くの人に食べてもらいたい」
との想いから「太平堂」を立ち上げました。

自然と風土に根ざした文化と伝統を大切にし、
昔ながらの味わいと本物の美味しさを
一つひとつのお菓子に詰め込んだ
手作りの味わいが自慢です。

長い歴史の中で変わらずに貫いてきたこの精神は、
太平堂の経営理念として脈々と受け継がれています。

まほろばの月

まほろばの月

一粒八十二グラムもある大きな饅頭の中には、
栗が一粒まるごと!

その栗を覆うように、薄皮の下には
栗餡がぎっしりと入り、
栗好きにはたまらない香りと風味が広がります。

創業以来変わらぬ美味しさと大きさで
太平堂を代表するロングセラー商品。

自家製の栗あんで包み、焼き上げた
信州・長野を代表する銘菓です。

太平堂のお菓子

太平堂の
お菓子

太平堂の顔「まほろばの月」をはじめ、
和洋のコラボレーションを実現した「栗ひろい」、
爽やかな見た目と味わいに
ファンの多い「レモンケーキ」など、
昔ながらのぬくもりのあるお菓子を
和洋ともに取り揃えております。

手作りならではのやさしいお菓子を
ホッと一息つく時のおともにぜひ。

ギフト商品もございます。

店舗情報